WordPressのバックアップ

WordPressで文書や画像の投稿、その他データ入力をしていれば当然バックアップを取ろうという話になります。WordPressのバックアップを取るプラグインは多数ありますが、ここでは「BackupGuard」を使ったバックアップをご紹介します。

 

BackupGuardによるバックアップ

全体の流れは次の手順です。

  1. WordPressの管理ページからBackupGuardインストール。
  2. BackupGuardでバックアップファイル作成。
  3. 復元の仕方を紹介。

 

上記1.2.は本章を見ながら実際にやってみてください。3.が必要になるのは、Waffle Cellを入れ替える時か不具合が発生した時になります。

 

実際のバックアップ手順

(1)ローカルPCからWaffle Cellの管理Topページに接続し「Waffle Cell管理者名」でWaffle Cellにログイン。
バックアップを取るWordPressの管理ページに「WordPressの管理者名」でログイン。
(既にログインされている場合、再度のログインは不要です)

 

(2)左のサイドメニューから
プラグイン → 新規追加 クリック
「プラグインの検索」欄に BackupGuard と入力。
下記の画面が表示されたら「今すぐインストール」をクリック。
インストールが終ったら「有効化」と変るので、「有効化」をクリック。

(3)左のサイドメニューに「BackupGuard」が追加されるので、クリック。

(4)下記の画面が表示されたら右上の×をクリックして消去。

 

(5)Backups → 緑のBackup クリック。

 

(6)Full backup → 青のBackup クリック。

 

(7)上記(5)で No backups foud だった個所にバックアップデータのファイル名が表示される。青いダウンロードボタンをクリックして、HDDに保存。保存されるフォルダは通常のダウンロードと同じフォルダ(Internet Explorerであれば初期値は「ダウンロード」フォルダー)

 

(8)下記のようなレビューの投稿を促すメッセージが表示されたら、右上の×、もしくは Don’t ask again をクリック。

 

お疲れ様でした。これで、WordPressに保存されているデータ、プラグイン等がバックアップされました。バックアップファイルは
sg_backup_opt(full)_xxxxxxx.sgbp
というファイル名になります。

 

※注意
バックアップファイルを復元する時が来るのはいつか分りません。いざという時に備え、
・バックアップファイルは二重三重に取り
・どこ(どのPCの何ドライブの何フォルダか)に保存したか分るように
しておきましょう。

 

バックアップしたデータの復元

 

普段は復元は必要ないと思いますが、いざという時のために読んでおいてください。

 

(1)WordPressのメニューで BackupGuard → Backups クリック。
もし No backups found となっていたら青いimportボタンクリック。
No backups found ではなく、バックアップファイル名が表示されている場合は下記(4)へ。

 

(2)Local PCを選び、Nextボタンクリック。

 

(3)バックアップファイル名を入力。sg_backup_opt(full)_xxxxxxx.sgbp

 

(4)バックアップファイル名にチェックを付け、緑のRestoreボタンクリック。

 

(5)Full restore → 青のRestoreボタンクリック。

 

(6)下図のような棒グラフが表示され、100%になったら自動的に消える。

 

お疲れ様でした。これで復元終了です。投稿一覧やプラグインを確認してください。

検索

本サイト内で検索したい文字列を下記入力し、Enterを押してください。