仮想デスクトップ

ブラウザで仮想デスクトップを利用する機能です。

仮想デスクトップの画面をブラウザで開く事と、仮想デスクトップを再起動することが出来ます。

 

仮想でストップをブラウザで開く

仮想デスクトップはブラウザで開く事が可能です。つまり、ブラウザが動くものであれば、OSや機種に関わり無く、仮想デスクトップを利用することが可能です。

 

仮想デスクトップをブラウザで開くには、開きたいユーザーの「<ユーザ名>の仮想デスクトップへ」をクリックします。

Connectボタンをクリックします。

ユーザー名に対応したパスワードを入力し、「Send Password」を入力します。

これで仮想デスクトップの画面が開きます。

なお、仮想デスクトップの画面の大きさはブラウザの画面の大きさに応じで自動的に変更されます。

 

仮想デスクトップを再起動する

仮想デスクトップは個別に再起動する事が可能です。動作がおかしい時などに再起動すると復旧する事がありますので、そういった場合にはお試し下さい。

 

仮想デスクトップを再起動するには、再起動したいユーザのパスワードを入力し、「再起動」ボタンをクリックします。

 

仮想デスクトップで共有フォルダ

仮想デスクトップから共有フォルダに接続することができます。

「仮想デスクトップで共有フォルダ」をご覧ください。

 

 

Tags:

検索

本サイト内で検索したい文字列を下記入力し、Enterを押してください。