共有フォルダ

Waffle Cellを複数のユーザーで利用している場合、例えば、tanaka、yamada、satoの3人をユーザーがいる場合などに、それらのユーザーが共通してアクセスできるフォルダを作成する事が可能です。

 

※各ユーザー専用のファイルサーバー領域(フォルダ)にアクセスする方法は、『ファイルサーバー機能(NAS)』をご参照下さい。

 

例えば、営業部全員がアクセス出来るフォルダ、社長と経理担当者だけがアクセス出来るフォルダ等、目的別に作ることが可能です。また、参照専用の設定も可能です。例えば「部長は読み書き可能だが、部員は読むことしか出来ない」というような設定も出来ます。

 

設定

図例は、tanaka、yamada、satoの3名のユーザーが登録されている場合です。設定画面では、Waffle Cellユーザーの数だけ、設定用のボックスが表示されます。

 

新規に共有フォルダを作る場合は、薄い字で「新規フォルダ」と書いてある部分に作りたい名前を入れ、画面の最下段の設定ボタンで設定します。作成はどのWaffle Cellユーザーのボックスでも可能です。

 

フォルダ名の設定はシステム上では200文字程度まで可能ですが、実用性を考えると数十程度までが妥当でしょう。また、複数のOSからアクセスする事を考慮すると、半角英数字が望ましいです。漢字を使う事も可能ですが、OSによっては漢字の扱いが難しいという点を考慮して下さい(例えば日本語Windowsのみからのアクセスであれば、漢字のフォルダでもかまわないでしょう)。

次に作成したフォルダのそのフォルダへのアクセス権限を各Waffle Cellユーザーに設定します。

例図ではminnaという共有フォルダが作られていますが、Waffle Cellユーザー毎にこのフォルダのアクセス権限を設定します。

 

無効
読み書き出来ません。フォルダ内にどのようなファイルがあるかも表示されません。

 

有効
そのフォルダ内にあるファイル全てに読み書き可能です。但しファイルごとに読み書き属性が設定されている場合は書き込めないファイルがあります。

 

参照専用
読込みのみ可能。共有フォルダ内にあるファイルをコピーして、自分のフォルダに貼り付けるなどは行えます。

 

設定を行ったら、最後に最下段の設定をクリックします。

 

ここの設定はわかりにくい部分があるので、最後に注意点をまとめます。

 

  1. 管理Top → 「ユーザー追加」で作成したWaffle Cellユーザーの数だけ、設定用のボックスが表示される。
  2. 新しいフォルダの設定はどのWaffle Cellユーザー名のチェックボックスでも構わない。
    ただし、作成直後はそのWaffle Cellユーザーは新規に作ったフォルダのアクセス権の初期値は有効なので、有効にする予定Waffle Cellユーザーのボックスで作った方がベター
  3. 共有フォルダを作ったら、Waffle Cellユーザー毎にアクセス権限を設定する
  4. 一旦作成した共有フォルダを削除することはできない。使用しない共有フォルダはフォルダ内のファイルを全削除し、全ユーザーのオプション設定を「無効」にする。

 

作成した共有フォルダへのアクセス

アクセスしたいフォルダが有効(または参照専用)になっているWaffle Cellユーザーは、共有フォルダにアクセス可能です。

アクセス方法は通常のファイルサーバーへの接続と同じですが、例えば「minna」という名前で作ったフォルダの場合、「Sh.minna」という具合に共有フォルダであることがわかるように、先頭に「Sh.」(エス エイチ ドット)がつきますので、ご注意下さい。

minnaという名前の共有フォルダならば、Windowsからエクスプローラーのアドレスバーに

¥¥<ホスト名>.wafflecell.com¥Sh.minna¥

でアクセスすることが出来ます。

 

「読み取り専用」になってしまう場合

Aさんが作成したファイルをBさんが開こうとすると「読み取り専用」となり、Bさんは編集できない場合があります。その場合はAさんに仮想デスクトップ画面左上

 場所 → ホームフォルダ

でファイラーを起動し、該当ファイルのプロパティを開き、[アクセス権]タブで権限を「読み書き」に設定してもらってください。

 

 

Tags:

検索

本サイト内で検索したい文字列を下記入力し、Enterを押してください